仙台の粗大ゴミ回収を考察

仙台での粗大ごみ定義とは、一番長い部分の長さがおおむね30cmを超え、重さが100kg以下の耐久消費財などのことを指すようです。(家電4品目等は除く)他のエリアの自治体とおおむね同じですね。

粗大ゴミ回収の手順は三段階で・・

  1. お電話で申し込む
  2. 手数料を支払う
  3. 粗大ゴミを出す

という流れになります。

■お電話での申し込み方
仙台でのお電話での粗大ゴミの申し込みは、受付時間が、月曜日~金曜日の午前9時~午後5時となっています。粗大ゴミの収集指定日の1カ月前から2日前までに申し込むようになっているとのこと。尚、申し込みが多い場合は、次回の収集指定日になる場合があるようです(・ω・)ノ

■手数料の支払い方
手数料納付券というものがあり、これを回収してほしい粗大ゴミに貼って出します。手数料納付券は、5種類(400円・800円・1,200円・1,600円、3,000円)あって、スプリングマットレス専用が3,000円券となっています。(*仙台市内のコンビニやショッピングセンターで購入できます。)

注意としては、粗大ゴミに貼って出す際に、剥がれてしますとアウト、持って行ってくれません。また、処理手数料が不足していると、回収されませんので、キチンとお申し込みの時に聞いておきましょう。


■粗大ゴミの出し方
仙台では、粗大ごみ受付センターがお知らせした収集日の当日は、早朝から朝8時30分までに自宅前に出すこと、とルールで決まっているようです。従って、家の中から回収してくれるわけではありません。必ず、家の外に出しておかなければなりません。

部屋からの運び出し等、人手が必要な場合は、近くの便利屋さんなどに依頼する等、工夫しましょう。


仙台の例

家具を移動させたときに怪我をしてしまい、廊下に放置されたタンスを回収してもらった例や、ブランドでもない古いベッドを処分することに工夫した例、また6畳の部屋を埋め尽くすレベルのゴミ屋敷など・・(引用;仙台の不用品回収をお手伝いした例

家具を回収された例

予定よりも不用品が増えたため、仙台市にある専門の回収業者に処分費用など聞いたが、正確な費用がわからず、3階立てだったこともあり搬出費用がかかるなど割高になり、予算を組めなかった・・(引用;仙台の引越し時にでた家具の回収ページ