札幌での粗大ゴミ収集を考察

札幌での「大型ごみ」は、戸別有料収集をとっています。大型ゴミとは、耐久消費財その他の固形廃棄物で、指定ごみ袋に入らないものを指すとのことです。

大型ごみ収集センターに電話で申し込めば、収集日当日の朝、8時30分までに、玄関前などの指定された場所に出す仕組みです。

注意事項としては、排出禁止物(単品で重量が100キログラムを超えるもの、長さが2メートルを超えるもの、体積が2立方メートルを超えるもの、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン[家電4品目]など)は収集できないそうです。

また、札幌での粗大ゴミ収集での仕組みには、リサイクル収集と呼ぶものがあります。

リサイクル収集とは、大型ゴミでも、再使用可能なものは、リサイクル収集という仕組みを推奨しているそうで・・その対象品目は、木製家具(サイドボード・いす・げた箱・デーブル・たんす・机・戸棚)自転車・子ども用遊具類となっており、残念ながらソファーやベッドは入っていませんね。でも、木製家具などを何度も使うという試みは、札幌ならではのリサイクルの取り組みですから、とても有意義ですね。(尚、※自転車を出す時は事前に防犯登録の抹消をしてからでないと申し込めないとのこと。)

行政収集への申し込みは、大型ごみ収集センターへ電話して「リサイクル収集でお願いします!」と伝えればよいとのことです。

キチンと行政のルールを守ることで、地域のリサイクル環境が高まりますね。


札幌の例
なかなかゴミ回収できない方のためのリサイクル手続きや搬出支援した例や、電化製品の処分にかかるコストを抑えた例、またパソコンや三人掛けのソファーの運び出しを行った例などを掲載。(引用;札幌での民間業者による不用品のトラック回収